FC2ブログ

与え、見つけさせ、開こうとしていてくださって

2020.06.03.08:12

主は、
従う人に目を注ぎ、
助けを求める叫びに
耳を傾けてくださる。
詩34:16

 

求めなさい。
そうすれば、与えられる。
探しなさい。
そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。
そうすれば、開かれる。
マタイ7:7

 

 エフェソ書1:11~14
 Ⅱテモテ3:10~17(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6/3;水)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
ご自身との正しい関係に立ち返った人たちに目を注ぎ、
助けを求める私たちの叫びに
耳を傾けていてくださるのだそうです。

 

 そして、勧めていてくださるのですね。
「求めなさい。探しなさい。門をたたきなさい」、と。
与えようとして、見つけさせようとして、開こうとして
待っていてくださるのだそうですから。


 この方は、私たちに、
ご自身の御国を受け継がせようと思われて、
あらかじめ、そのように定めていてくださるのだそうです。

 

 私たちを、イエスの中に入れられた者として、
イエスにより実現した救いの良い知らせを聞くようにされ、
そのことばに信頼するようにされ、
旧約聖書で約束されていた【聖である霊】と呼ばれる方によって
証印を押し、
御国を受け継ぐ保証としてくださって。(エペソ1:11~14)

 

 

 この世から取り出された者たちは、
この世から迫害を受け、
この世の考え方、生き方に連れ戻されようとされますが、

 

天の神、主は、私たちを、
先輩たちの教え、生き方、計画、信仰、
寛容、愛、忍耐によって励まし、
聖書に聞き、学んで確信したところに
とどまらせてくださるのですから。


  私たちを整え、

ご自分がこれからしようとされるすべての良い働きに
私たちが役に立ち、間に合うように、と。

 

 だから、この方に叫び、求め、探しながら。
今日も。
 

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

スポンサーサイト



言い尽くせないすばらしい喜びに心躍って

2020.06.02.09:09

主にあって私の心は喜ぶ。サムエル記上2:1

 

あなたがたは、
キリストを見たことがないのに愛し、
今見なくても信じており、
言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに
満ちあふれています。
Ⅰペテロ1:8

 

 1コリント14:1~5、27~40
 Ⅱテモテ3:1~9(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6/2;火)


 主にあって、
神の中で、神の御思いの中で、私たちは喜ぶのですね。

 

 子どもができない女であったのに、
その積もる思い、憂いのすべてを
神の御前に注ぎだし、神に聞いてもらって、
神によって男の子、預言者となるサムエルを与えてもらった
ハンナのように。
神の御業の中で。


 私たちも、神の約束の言葉によって、救いを得、
イエス・キリストを見たことはないけれど愛し、
今見てはいないけれど信頼し、
言葉に尽くせない、栄に満ちた喜びで心おどる者にしてくださると
神は言われるのですね。


 この方は、私たちが、愛を負い求め、
皆を愛し、皆に役立ち、皆の益になるために、
「御霊の賜物たまもの」、
イエスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方の
愛の働きの現れを与えてくださるのだそうです。、
 

 その中でも、特に、「預言よげん」を、

ご自身の愛の御思いを取り次ぐことを与えたい、と。

 

 「御霊の賜物たまもの」のうち、
異言いげん」としての現れ、
今まで知らなかった言葉で語ることは、
神に向かって奥義を語るので、
自分を神に近くし、自分を成長させます。

 

 それに対し、「預言よげん」は、
皆に対して神が語ろうと思われることを取り次ぐので、
集まっている人全体に神の御思いを伝え、
皆を成長させます。


 「集まり」の中での異言の用い方としては、
皆がいっせい祈っているときとかではなく、
祈祷会や愛餐会などで証しするときように、
立って、皆に向かって異言で語る
のであれば、

二人か三人が順番に語り、
一人の人は
それを解き明かす(異言の内容を伝える)ようにしなさい。
 

 解き明かす人がいなければ、
「集まり」の中で皆に向かって異言で語ることはしないで、
自分に対して、また、神に対して語るようにと。


 「預言」をする場合も、二人か三人が語り、
ほかの人はそれを吟味ぎんみする

 

(神から来ている言葉かどうかを確かめる)ようにと。

 

 また、誰かが預言をしている途中で、
席についている別の人に啓示(神からの示し)が与えられたら、
先に語っていた人は黙るように。

 

 【聖である霊】と呼ばれる方はすべての人に働かれ、
その人だけでなく、だれを通してでも預言されるのだから、と。
 

 神は、混乱の神ではなく、平和、調和を愛される方。

 

 だから、預言することを熱心に求め、
異言で語ることも禁じないように。
ただ、すべてのことを適切に、秩序正しく行うように、と言われるのですね。(Ⅰコリント14:1~5、27~40) 

 


 終わりの日には、困難な時代が来るのだそうです。
人々は、自分だけを愛し、金銭を愛し、
大言壮語たいげんそうごし、高ぶり、神を冒涜ぼうとくし、
両親に従わず、恩知らずで、けがれた者に、
また、情け知らずで、人と和解せず、
中傷し、自制できず、
粗野で、善を好まない者になり、
人を裏切り、向こう見ずで、思い上がり、
神よりも快楽を愛する者になり、
見かけは敬虔けいけんであっても、
敬虔の力を否定する者になるのだそうです。

 

 信じる者の集りの中、
聖霊の現れ、賜物の盛んな集りの中でも。

 

 だから、私たちに、
こういう人たちを避けさせ、
いよいよ、【聖である霊】と呼ばれる方の働きの現れである
愛を追い求め、
言葉に尽くせないすばらしい喜びに満たそう、と、
神は言われるのですね。
今日も。

 

 

近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

この方が思われるとおりに

2020.06.01.08:23

恐れるな、おびえるな。
すでにわたしはあなたに聞かせ、
告げてきたではないか。
あなたたちはわたしの証人ではないか。
イザヤ書44: 8

 

あなたがたに耳打ちされたことを、
屋根の上で言い広めなさい。
マタイ10:27

 

 ヨハネ20:19~23
 Ⅰコリント12:4~11
 詩150(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句6/1;月)

 

 王である主、私たちを贖う方、
万軍の主が言われます。
「わたしは初めであり、終わりである。
わたしのほかに神はいない。
わたしが永遠の民を起こしたときから、
だれが、どの神が、わたしのように
これからしようとすることを宣言して、
これを告げることができたか。
これをわたしの前で並べ立ててみよ。
彼らに未来のこと、来るべきことを告げさせてみよ。
おののくな。恐れるな。
わたしが以前からあなたに聞かせ、告げて来たではないか。
あなたがたは、(そのことの)証人ではないか」、と。


 イエスも言われます。
「反対する者、迫害する者を恐れてはいけません。
おおわれているもので現されないものはなく、
隠されているもので知られずにすむものはないからです。
わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。
あなたがたが耳もとで聞いたことを、屋上で言い広めなさい。
からだを殺しても
たましいを殺せない者たちを恐れてはいけません。
むしろ、たましいもからだも
ゲヘナ(地獄)で滅ぼすことができる方をおそれなさい」、と。

 


 その日、
イエスが捕らえられ、十字架刑で処刑された翌々日、
週の初めの日、日曜日の夕方、
弟子たちは、ユダヤ人の指導者たちを恐れて戸に鍵をかけ、
家の奥にこもっていたのですね。

 

 すると、イエスが来て彼らの真ん中に立たれて、
言われたのだそうです。
「平安があなたがたにあるように。」

 

 そして、十字架刑で穴の開いた手と、
ローマ兵に槍で突き刺された脇腹を示され、
「平安があなたがたにあるように。
父がわたしを遣わされたように、
わたしもあなたがたを遣わします。

 

 聖霊を受けなさい。
あなたがたが、
(【聖である霊】と呼ばれる方があなたがたの心に置いてくださる
父の御思いのとおりに)
だれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦されます。

 

(【聖である霊】と呼ばれる方があなたがたの心に置いてくださる
父の御思いのとおりに)
赦さずに残すなら、そのまま残ります。」(ヨハネ20:19~23)

 

 
 この方、【聖である霊】と呼ばれる方は、
私たち、一人ひとりに来て、
皆の益になるために、違った働きをなさるのだそうです。

 

 ある人には「知恵のことば」、
ある人には、
(その人が知るはずのないことを語る)「知識のことば」、
ある人には、「(何か大きなことをする特別な)「信仰」、
ある人には「病気のいやす力」、
ある人には「奇跡を行う力」、
ある人には(神のことばを取り次ぐ「預言」、
ある人には「霊を見分ける力」、
ある人には種々の「異言」、
ある人には「異言を解き明かす力」として。

 

 同おなじ一人の方、【聖である霊】と呼ばれる方が、
みこころのままに私たち一人ひとりに働いて、
これらすべてのことをなさるのだそうですから。(Ⅰコリント12:4~11)

 

 私たちを証人として立て、
この方の働きを周りの人に届ける者として。

 

 そして、神をほめたたえる者ともしてくださって。

ハレルヤ。
神の聖所せいじょで、神をほめたたえよ。
御力みちからの大空で、神をほめたたえよ。
その大能たいのうのみわざのゆえに、
神をほめたたえよ。
その比類なき偉大さにふさわしく
神をほめたたえよ。
角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。
琴と竪琴に合わせて、神をほめたたえよ。
タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。
弦をかき鳴らし笛を吹いて、神をほめたたえよ。
音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。
鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。
息のあるものはみな
【主】をほめたたえよ。
ハレルヤ。(詩篇150)、と。


 私たちも、
この方が思われるとおりに。
今日も。

 

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

皆、一つの霊によって

2020.05.31.07:30

武力によらず、
権力によらず、
ただわが霊によって、と
万軍の主は言われる。
ゼカリヤ書4:6(5/31の週の聖句) 

 

災いだ、
家に家を連ね、畑に畑を加える者は。
お前たちは余地を残さぬまでに、
この地を独り占めにしている。
イザヤ書5:8

 

一つの霊によって、
私たちはユダヤ人であろうと
ギリシャ人であろうと、
奴隷であろうと
自由な身分の者であろうと、
皆一つのからだとなるために洗礼を受け、
皆一つの霊をのませてもらったのです。
Ⅰコリント12:13

 

 ヨハネ14:15~19(20~23a)23b~27

 エフェソ書1:3~14(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句5/31;Ⅴ日曜 ペンテコステ 聖霊降臨祭)

 
 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)がことを行われるのは、
武力や権力、財力など、
私たち、人間の側の何かに頼ることなく、
ご自身の霊、【聖である霊】と呼ばれる方によってされる、
と言われるのですね。

 

 万軍の主とも呼ばれるこの方は、
私たち人間に、公正を、正義を望まれたのだそうです。

 

 けれども、
「われわれのかたちとして、われわれに似せて」(創世記1:26)と
望まれ、造られていながら、
その、神との心を一つにする場に留まらず、
もっと素晴らしい者に、なろうとして、
「神の一人のようになり、
善悪を知る者」(創世記3:22)となった私たち人間。
 

 その、「的外れ」になっている私たちのいるところでは、
流血と悲鳴。
家に家を連ね、畑に畑を隣り合わせて余地を残さず、
良きもののすべてを独り占めにしようとすることが起こるようです。ひるのように飽くことなく。

 

 【父である神】は、
そのように滅びに向かって突き進んでいく私たち人間を
なお、大事に思ってくださって、滅びから救おうとされ、
【御子である神】を人間イエスとして人の世に派遣し、
この方を私たちの身代わりのあがないの小羊とし、
神に背き、神に呪われた者として十字架刑で処刑されました。

 

 その死によって
「的外れ」になって、滅びるべき私たちの
〔生まれたときからの私〕という霊を死んだものとし、
私たちを処刑が終わっている者としてくださるのだそうです。

 

 そのうえで、
私たちを新しく生きる者にしてくださるのだそうです。


 死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語り、
オリーブ山で、弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、【父である神】の右の座に帰られたイエスを通して、
もう一人の助け主、【聖である霊】と呼ばれる方を
私たちに派遣してくださり、

 

 この方によって、
私たち一人ひとりに思っておられるご自身の御思いを
私たちそれぞれの心に置き(エレミヤ31:33)、
私たちの心にご自身の御思いがあるようにして、

 

イエスが【父である神】と思いを一つにしておられるように、
これを受け入れる者をご自身と思いを一つにする者に、
してくださるのだそうですから。(ヨハネ14:15~27)

 

 【父である神】は、天にあるものも地にあるものも、
一切のものが、キリストにあって、一つに集められるよう、
願っておられるのだそうです。

 

 それで、私たちを御国を受け継ぐ者とし、
その保証の証印として【聖である霊】と呼ばれる方を
遣わしてくださって。(エペソ1:3~14)

 

 2000年ほど前のこのペンテコステ(五旬節)の日、
シナイ山でのモーセをとおしての律法授与、
最初の契約が結ばれた記念日に、
約束の【聖である霊】と呼ばれる方が、
120人ばかりの弟子たちに来られて、
弟子たちが、【父である神】の思われるとおりに話し出した。

 

そのように、
【聖である霊】と呼ばれる方は、私たちにも来られて、
私たちを【父である神】の御思いで生きる者にして。

この新しい週も。

 

(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

誠実に、イエスの御思いの中で語る者にしてくださって

2020.05.29.23:27

バラムの言葉:
たとえバラク(モアブの王)が、
家に満ちる金銀を贈ってくれても、
私の神、主の言葉に
逆らうことはできません。
民数記22:18

 

私たちは多くの人々のように
神の言葉を売り物にせず、
誠実に、
また神に属するものとして、
神の御前で
キリストに結ばれて語っています。
Ⅱコリント2:17

 

 ヨハネ16:5~15
 Ⅱテモテ2:14~26(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句5/30;土)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)のことば、
この方の御思いに従うことは、
家いっぱいの満ちあふれる金銀よりも大切なことなのですね。

 

 しかし、神のことばを金儲けの手段にして、
売り物のようにするのではなく、
誠実に、また、神に属し、神から遣わされた者として、
神の御前で、
イエスの御思いの中にいて語るのですね。(Ⅱコリント2:17)


 

 イエスは、捕らえられ、
十字架刑での処刑を受けられ、
死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から、新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で、弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、父である神の右の座に復帰されて、
弟子たちから去って行かれたのですが、

 

イエスがいつまでも弟子たちと一緒にいるよりも、
去っていくことのほうが弟子たちの、
そして私たちの益になること、だったのですね。

 

 イエスが、弟子たちのところを去って、
天に帰らなければ、
もう一人の助け主が私たちに来られることはない、のだそうですから。

 

 「わたしが、父の元に帰れば、
その方をあなたがたに遣わす」と
イエスは弟子たちに言われました。

 

 【真理の御霊みたま】とも呼ばれるその方は、
私たちが聞いても理解できなかったことを理解させ、
すべての真理に導いてくださるのだそうです。

 

 イエスが、自分からは何事もせず、
ただ、【父】の御思いだけをしていかれた(ヨハネ6:38)ように、

 

この方も、自分から語るのではなく、
【父である神】と【御子である神】イエスから聞いたことを
すべて語り、
これから起こることを私たちに伝えてくださるのだそうです。

 

 ご自身の栄光を現すのではなく、
【御子である神】イエスの栄光を現すのだそうです。

 

 【父である神】の御思いを御子イエスが現し、
そのイエスが現されることを
この方、【聖である霊】と呼ばれる方が
私たちに伝えてくださるのだそうですから。(ヨハネ16:5~15)

 

 この方が私たちにも、
イエスの出来事を思い起こさせてくださり、
何の益にもならないで、聞いている人々を滅ぼすことになる、
ことばについての論争などをしないように
思わせてくださるのですね。

 

 真理のみことばをまっすぐに解き明かす、
恥じることのない働き人として、
自分を神にささげるよう、最善を尽くさせてくださり、
 

俗悪な無駄話を避けさせ、
私たちが自分自身を清めて、
尊いことに用いられる器となり、
あらゆる良い働きに備えられたものとしてくださって、
【父である神】にとって役に立つ者にしてくださり。

 

 若いときの情欲を避け、
きよい心で主を呼び求める待ち望む人たちとともに、
義と信仰と愛と平和を追い求め、
争いの下である愚かな議論を避け、
争わず、すべての人に優しくし、
よく教え、よく忍耐し、反対する人たちを柔和に教え導き、
悪魔にとらわれて思いのままにされている人々の目を覚まし、
その罠を逃れるよう、用いてくださるのだそうです。(Ⅱテモテ2:14~26) 

 

誠実に、
イエスの御思いの中で語らせてくださって。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

プロフィール

菅 佐知男

Author:菅 佐知男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR