FC2ブログ

天の神、主が、私たちと共におられて

2018.10.17.22:34

 行くがよい。

主がお前と共におられるように。サムエル記上1737


 何をするにしても、

すべて神の栄光を現すためにしなさい。Ⅰコリント1031


 Ⅰコリント142633

 黙示録316(通読箇所)

   (ローズンゲン日々聖句10/18;木)


 戦いをいどむペリシテ人、

ガテ出身の巨人ゴリアテを前にして、

少年ダビデは、サウル王に言ったのだそうです。

「獅子や、熊の爪から私を救い出してくださった主は、

あのペリシテ人からも私を救い出してくださいます」と。


 そのような特別なときばかりではなく、

普段の、日常の生活の中の一つ一つの出来事においても、

天の神、主、

「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方が

共にいてくださって、

〔父である神〕の御思いのとおりに

事を為させてくださっているのだそうです。


 だから、どんな小さいと思えることも、

食べられるのも、飲むことができるのも、

「神の栄光の現れ」なのですね。


 だから、感謝し、賛美をささげるのは

正しい在り方なのでしょうね。


 それで、私たちが集まるとき、

それぞれの人が、

〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる御思いによって、

賛美したり、教えたり、黙示を話したり、

異言を話したり、解き明かしをするのですが、


 〔父である神〕は、

そのすべてのことを、

みんなの徳を高めるためにしてほしいのだそうです。


 それで、もし、だれかがみんなに向かって

メッセージや証しをするように異言で話すのならば、

ふたりか、多くても三人が順番に話し、

ひとりは解き明かしをするように、と言われるのですね。


 もし解き明かす者が誰もいなければ、

みんなに向かっては黙っていて、

自分だけで、神に向かって話しているようにと。


 預言をする者も、ふたりか三人が話し、

ほかの者は、その預言を吟味するとよいのだそうです。


 もし座席に着いている別の人に黙示が与えられたら、

先の人は、話すのをその人に譲って、黙って座るのですね。


 私たちは、みながかわるがわる預言ができるのであって、

すべての人が学ぶとができ、

すべての人が勧めを受けることができるのだそうですから。

 私たち自身は、
自分に与えられた霊的な賜物も、
誇り、自己主張したい者ですが、

 私たちと共におられる神は
混乱の神ではなく、
平和の神なのだそうですから(Ⅰコリント142633)。

 イエスは、
御自身と思いを同じくし、心を一つにして、
共に歩む者の名を、
〔父である神〕と御使いたちの前で
言い表してくださるのだそうですから(黙示録345)。

 〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、
〔父である神〕と思いを同じくし、心を一つにして、
共に歩む。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a
スポンサーサイト

きのうも今日も、永遠に変わることのないお方が

2018.10.17.08:22

 彼の王国に権威は増し、
平和は絶えることがない。イザヤ書96


 イエス・キリストは、
きのうも今日も、
また永遠に変わることのないお方です。ヘブル書138


 エフェソ書52532
 黙示録21829(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句10/17;水)


 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』 という者」と名乗られる方は、
イザヤを通して預言して言われました。


 ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。
ひとりの男の子が、私たちのために与えられる。
主権はその肩にあり、
その名は「不思議な助言者、力ある神、
永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
その主権は増し加わり、
その平和は限りなく、
ダビデの王座に着いて、その王国を治め、
さばきと正義によってこれを堅く建て、これを支える。
今より、とこしえまで。
万軍の主の熱心がこれを成し遂げる(イザヤ967新改訳)、と。


 そのイザヤが預言した方、イエスは、
きのうも今日も、永遠に変わることのないお方、なのだそうです。
だから、異なった教え、
違ったイエスを教える教えに惑わされないように、と言われるのですね。


 その、
〔父である神〕と心を一つにしていらっしゃる
イエスの御思いを、
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって心に置いていただいた男は、
イエスが御自分に信頼する者の集まりを愛し、
その人々のために御自身をささげられたように、
自分の妻を愛するのだそうです。


 イエスが、みことばにより、水の洗いをもって、
御自身に信頼する者の集まりをきよめて聖なるものとし、
ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、
聖く傷のないものとなった栄光の人々を
御自分の前に立たせられるように、


 夫も自分の妻を
自分のからだのように愛するようになるのだそうです。


 〔父である神〕の御心は、
「人は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となる」
というものなのだそうですから(エフェソ52532)。


 御子イエスが私たちに代わって受けてくださった
十字架刑での処刑で、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている(創世記3522
〔生まれら時からの私〕という霊を、
処刑が終わっているもの、死んだものとしていただき、


 そのイエスを通して来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって心に来る
〔父である神〕の御思いによって生き続ける者、
最後まで、神と思いを同じくし、心を一つにして歩む者は、
イエスの御国において、
明けの明星の栄光を与えていただけて、
諸国を支配する権威を与えていただくことになるのだそうです(黙示録22628)。


 イエス・キリストは、永遠に変わることのないお方なのだそうですから。
今日も。


(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a

新しい名を与えてくださるのだそうですから。

2018.10.15.23:29

 神に従い正義を行なうことは、

いけにえをささげることよりも

主に喜ばれる。箴言: 213


  うわべだけで裁くのを止め、

正しい裁きをしなさい。ヨハネ724


 ロマ1317

 黙示録21217(通読箇所)

   (ローズンゲン日々聖句10/16;火)


 天の神、主のお心のとおりに正義と公義を行うことを、

主は、ささげものをすることよりも喜ばれるのだそうですね。 

 

 たくさんささげものをして、

自分は信仰深い、神に対して熱心だと思う私たちですが、

それでいて、正義や公義をないがしろにするなら、

それは、神に喜ばれることではないのだそうです。


 また、私たちは、

表面的なところで、

ことの善し悪しを判断してしまうものですから、

天の神、主がどう思っておられるのかを聞きながら判断しないと、

的外れな決定をしてしまうようですね。


 当時の、神の律法を守ることに熱心だった人たちが、

「安息日を守る」ということにおいても、

ただ、表面的に守るだけで、

神の本当のお心を知ろうとしないで、

安息日に病気をいやしたイエスに腹を立てたように。


 また、この世の権威も、神を無関係にあるのではなく、

神によって立てられているのだそうです。


 だから、人はみな、上に立つ権威に従いなさい、と。

みつぎを納めなければならない人にはみつぎを納め、

税を納めなければならない人には税を納め、

恐れなければならない人を恐れ、

敬わなければならない人を敬うように(ロマ1317)、と。


 イエスを通して来てくださる

〔聖である霊〕と呼ばれる方は、

〔父である神〕の御思いを私たちの心に置いてくださるのだそうですから、

もっともっと、

この方に満たされ、覆われて、

御心の中に沈められて行きたいですね。


 神は、私たちに

新しい名を与えてくださるのだそうですから(黙示録217)。


 今日も。


(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

光の子としていただいて

2018.10.15.07:52

 あなたたちのもとにある
外国の神々を取り除き、
主に心を傾けなさい。ヨシュア記2423

 光の子として歩みなさい。エフェソ書58

 Ⅱテサロニケ3613
 黙示録2811(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句10/15;月)

 「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは、
天の神、主、

「『わたしはある(Iam)』という者」と名乗られる方に対抗して、

いろいろな神々を作り出すもののようです。
自分の欲を遂げてくれる、
自分に都合のいい神を。
自分の理性の思うままに。

 それでヨシュアはイスラエルの民に言ったのですね。
「あなたがたが、主、

「『わたしはある(Iam)』という者」と名乗られる方を選んで、

主に仕えるというのなら、
あなたがたの中にある、この方以外の神々を除き去り、
この方に心を傾けなさい」と。

 そして、使徒パウロを通しては、
イエスの中にある者としていただいて、
暗やみのわざ、
「的外れ」になり、ズレてしまっているわざを
明るみに、イエスの前に差し出し、
見ていただき、知っていただいて、
明るみに引き出されたもの、
光によって照らされたものとしていただきなさい、と。

 私たちの身代わりとなって、
十字架刑での処刑を受けて、
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑済みのもの、死んだものとしてくださり、
墓に葬られ、
三日目に死人の中から新しい霊のからだに復活し、
天の父である神の右の座に帰られたイエス。

そのイエスを通して来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれるお方。
その方が受け入れる者の心に置いてくださる〔父である神〕の御思い。

 それは、締まりのない歩み方、
何の仕事もせず、おせっかいばかりする
締まりのない歩み方ではなく、
静かに仕事をし、自分で得たパンを食べ、
たゆむことなく善を行おうとする思い、
なのだそうですから(Ⅱテサロニケ3613)。

 苦しみと貧しさの中にあっても、
悪魔が私たちをためし、牢に投げ入れるようなことがあっても、
死に至るまで忠実であらせてくださり、
いのちの冠をいただけるようにしてくださるのだそうですから(黙示録2811)。

 光の子として。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

大いなる方に感謝と賛美を

2018.10.13.07:53

 御前に進み、
感謝をささげ、
楽の音に合わせて喜びの叫びを上げよう。
主は大いなる方。9523

 忍耐と慰めの源である神が、
あなたがたに、
キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、
心を合わせ、声をそろえて、
私たちの主イエス・キリストの神であり、
父である方を
たたえさせてくださいますように。ロマ書1556

 使徒14818
 黙示録217(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句10/13;土)

  詩篇の作者はうたいます。
さあ、主に向かって、よろこび歌おう。
われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。
感謝の歌をもって、御前に進み行き、
賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。
主は大いなる神であり、
すべての神々にまさって、大いなる王である。

 地の深みは主の御手のうちにあり、
山々の頂も主のものである。
海は主のもの、主がそれを造られた。
陸地も主の御手が造られた。

 来たれ。私たちは伏し拝み、ひれ伏そう。
私たちを造られた方、
主の御前に、ひざまずこう。
主は私たちの神。
私たちは、その牧場の民、
その御手の羊である(詩篇9517新改訳)。


 〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
イエスの十字架刑での処刑と
死者の中からの復活を通して私たちに来てくださり、

 処刑済み、死んだものとしていただいた、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている、
私たちの〔生まれたときからの霊〕に代わって
私たちの新しいいのちとなってくださり、

 〔父である神〕の、
私たち一人一人に対する御思いを、
私たちそれぞれの心に置いてくださるのだそうですから。


 それで、対立するばかりの私たちも、
この方によって同じ思いを心に抱くようになり、
心を合わせ、声をそろえて、〔父である神〕をほめたたえる思いで、
心が満ちるようにしていただけるのだそうです。

 天と地と海とそのなかにあるすべてのものをお造りになり、
恵みをもって、天から雨を降らせ、
実りの季節を与え、
食物と喜びで私たちの心を喜ばせてくださる方を(使徒141517)。


 そして、私たちをとおしても、
〔父である神〕のお心のとおりに、
生まれつき足がなえていて、歩いたことのない人を、
飛びあがって、歩き出すようにもし(使徒1489)、

 私たちを初めの愛にとどまり続けさせ、
神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べるようにも(黙示録217
してくださるのだそうですから。

 賛美の中で、
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)
プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR