fc2ブログ

伏して、嘆願の祈りを

2015.01.31.23:29

私たちは、
あなたの深い憐れみのゆえに、
伏して嘆願の祈りをささげます。ダニエル書9:18(今週の聖句)




見よ、主なる神。
 彼は力を帯びて来られ、
御腕をもって統治される。イザヤ書40:10




主よ、だれがあなたの名を畏れず、

 たたえずにおられましょうか。
聖なる方は、あなただけ。
すべての国民が、来て、
あなたの前にひれ伏すでしょう。
あなたの正しい裁きが、明らかになったからです。黙示録15:4

      (ローズンゲン日々の聖句2/1;日、後半)

 主は、人を、その仕業に応じて裁かれるのですね。
それに誰が耐えられるのか。
自分の側には、差し出せる一点の義もないと知った者は、
嘆願の祈りをささげるのですね。
あの方の深い憐れみだけを頼りにして。

主なる神が来られるとき、
怒りではなく、慰めをもって来られるのだそうです。
「慰めよ。慰めよ。わたしの民を」と仰っておられるのだそうですから。

何一つ弁済のできない私たちに代わって、
御自身の側で、
御子のいのちを私たちのあがないしろとして支払って、
「その労苦は終わり、その咎はつぐなわれた」と(イザヤ40:1~2)。

この方の統治は
羊飼いがその群れを飼うよう、なのだそうです。
御腕に小羊を引き寄せ、ふところに抱き、
乳を飲ませる羊をやさしく導くよう、なのですね(40:10~11)。




この恵み、憐れみをいただいた者は、御前にひれ伏し、
御名を畏れかしこみ、たたえるのですね。
今日も。


イメージ 1








[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]



















[269RANKのランキングサイト]














"哲学・思想 ブログランキングへ"
スポンサーサイト



プロフィール

菅 佐知男

Author:菅 佐知男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR