FC2ブログ

死と陰府の鍵を持っておられる方

2018.11.30.10:36

教えてください、主よ、
私の行く末を、
私の生涯はどれほどのものか、

悟れるように。395


 恐れるな。
私は最初の者にして最後の者、
また生きている者である。
一度は死んだが、
見よ、世々限りなく生きて、

死と陰府の鍵を持っている。黙示録11718


 Ⅰテサロニケ5915

 イザヤ書6113(通読箇所)

   (ローズンゲン日々聖句11/29;木)


 もしあなたがあなたの神、
主の御声によく聞き従うなら、
あなたは入るときも出て行くときも

祝福される。申命記2816


 その夜パウロが幻を見、
一人のマケドニア人が
「こちらに来て私たちを助けてほしい」と願ったので、
私たちはすぐに出発した。
彼らに福音を告げ知らせるために
神が私たちを召されたのだと
確信するに至ったからである。使徒16910

 ヘブル書131016
 イザヤ書719(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句11/30;金)

 私たちは死に対して恐れを感じ、
この生涯がいつ終わるのかを気にしています。

 けれども、イエスは言われるのですね。
恐れなくていいと。

 それは、イエスが、最初の者にして最後の者
永遠に生きておられる方だから、なのだそうです。

 イエスは、私たちの身代わりとなって、
私たちの、創造の目的からの「的外れ」の責任を
ご自身に負って十字架刑での処刑を受け、
死んで墓に葬られた方なのですが、

 三日目、日曜日の早朝、死人の中から新しい霊のからだに復活し、
世々限りなく生きておられる方。
死と陰府の鍵を持っておられる方、
死と陰府を治めておられる方なのだそうですから。

 だから、この方にお願いしていけば大丈夫、なのだそうです。
イエスが派遣してくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
私たちが目覚めていても、眠っていても、
主、イエスと共に生きるようにしてくださるのだそうですから。

 この方が心に置いてくださる御心によって、
私たちも、互いに励まし合い、
互いに徳を高め合い、
悪をもって悪に報いず、
いつも善を行うようにしていただけるのだそうです(Ⅰテサロニケ5915)。
神の祝福の中で。

 あの、パウロがそうであったように、
私たちも、〔父である神〕が、
私たち一人一人を通してしようと思われることを
していくようになるのですね。

 後に来ようとしている都を目指して。
賛美のいけにえをささげながら(ヘブル131415)。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a
スポンサーサイト



プロフィール

菅 佐知男

Author:菅 佐知男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR