FC2ブログ

年老いて、何もできなくなるときにも

2019.05.31.09:05

 私が老いて白髪になっても、
神よ、どうか捨て去らないでください。
御腕の業を、来るべき世代に語り伝えさせてください。
7118

 私たちは落胆しません。
たとえ私たちの「外なる人」は衰えていくとしても、
私たちの「内なる人」は日々新たにされていきます。
Ⅱコリント416

 ヨハネ183338
 フィリピ書1111(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句5/31;金)

 私たちの「外なる人」、この肉体、精神は、
年とともに老い、衰え、弱くなっていきます。

 けれども、天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方は、
私たちの地上での歩みの最期まで見捨てることなく、
背負い、持ち運ぶとおっしゃっていてくださるのですね。
ご計画のとおりに。

 そして、「内なる人」、
私たちの身代わりとなって十字架刑での処刑を受けてくださり、
墓に葬られ、
三日目に新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、神の国のことを語ったのち、
天の【父である神】の右の座に復帰されたイエスが派遣してくださる
【聖である霊】と呼ばれる方が、
【父である神】の御思いを心に置いてくださることによって始まった
「新しい人」、「内なる人」は、
日々に、いよいよ新しくされていくのですね。

 「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、22)
〔生まれたときからの私〕、「外なる人」が
弱くなり、働けなくなればなるほどに、
「内なる人」の働きが現れやすくなり、
私たちも、この「内なる人」に、【聖である霊】と呼ばれる方の働きに
望みをかけるようになるのですから。

 イエスがローマ総督ピラトの取り調べの時に答えておられるように(ヨハネ183338)、
この世のものではない国に、
真理に属する者の生き方に。

 私たちのうちに良い働きを始められた方は、
キリスト・イエスの日、
天の【父である神】の右の座におられるイエスが、
号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、
天の雲に乗って、天から下って来られ、
キリストにある死者が、まず、最初に新しい霊のからだに復活し、
次に生き残っている私たちが、
「外なる人」を完全に脱ぎ捨て、
「内なる人」だけになって、
新しい霊のからだを着せていただいて、
雲の中に一挙に引き上げられ、
空中で主イエスと会い、
いつまでも主とともにいるようになる、
その日(Ⅰテサロニケ41617)。

 完全に、主イエスと心を一つにする者としていただけるその日までに、
その良い働きを完成させてくださるのですね。

 だから、私たちは、
「外なる人」が弱り、衰えていくほどに、
この「内なる人」に希望を置いて。

 【父である神】は、
私たちの愛が
真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、
真にすぐれたものを見分けることができるようになり、
キリストの日には純真で非難されるところがなく、
イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、
神の御栄えと誉れが現わされるようにしてくださるのだそうですから(ピリピ1611)。

 私たちの「内なる人」を。
今日も。

(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい
等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定

スポンサーサイト



プロフィール

菅 佐知男

Author:菅 佐知男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR