自分の正しさを主張したいのですよね。私たち。

2018.03.06.10:28

 悪に報いたい、と言ってはならない。
主に望みをおけ。
主があなたを救ってくださる。
箴言2022

 だれも、
悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。
お互いの間でも、
すべての人に対しても、
いつも善を行うよう努めなさい。
Ⅰテサロニケ515

 ヨブ記
71121
 ヨハネ122736(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句3/6;火)

 鋤に手を付けてから、
イエスに信頼して、イエスに合わせていただき、
私自身である「生まれたときからの私〕という霊を、
イエスの十字架刑での処刑で処刑されたもの、死んだものしていただき、
この〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いを、
死んだものから出て来た思いとして、
これを神の前に差し出し、投げ捨てながら、

イエスを通して来てくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えし、
この方が心に置いてくださる
〔父である神〕の御思いについて行く者にしていただいている、とはいえ、

不当な仕打ちを受けた場合、
〔生まれたときからの私〕という霊からは、
自分の正当性を主張して、
相手をやっつけたい思いが噴出して来るのですね。
「だって、それが正義でしょう。
不義は正されるべきでしょう」と。

 しかし、人の怒りは、
たとえ、それが義憤であっても、
神の義を実現するものではない(ヤコブ
120)のだそうです。

 それで、天の神、主は、使徒パウロを通しても言っておられます。
「愛する人たち。自分で復讐してはいけません。
神の怒りに任せなさい。
それは、こう書いてあるからです。
『復讐はわたし(神である主)のすることである。
わたし(神である主)が復讐する、と主は言われる。』(申命記32:35)

 もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。
渇いたなら、飲ませなさい。
そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになります。
悪に負けてはいけません。
かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい」(ロマ
121921新改訳)、と。

 天の神、主は、〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、
「悪をもって悪に報いることを止め、
天の神、主に望みを置き、
救ってくださるのを期待して待ち、
すべての人に善を行いたい」というご自身の思いも、
私たちの心に置いてくださるのだそうですから。

 〔父である神〕は、〔独り子〕である方を、
人間イエスとして、人の世に派遣され、
この方を私たちすべての人間の身代わりの小羊として、
十字架刑で処刑し(ヨハネ
123234)、
私たちのそむきの罪を処罰済みとしてくださって、
赦し、不義を取り除き(ヨブ
721)、
光であるご自身の御思いの中を歩くようにしてくださっているのだそうですから。

 「的外れ」になり、暗闇である、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている
〔生まれたときからの私〕という霊の理性の判断に帰って、
「悪をもって、悪に報いる」ことのないように(ヨハネ
123536)、と。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)


イメージ 1

 
[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
 
<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><img src="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR