FC2ブログ

心安らかな、愛し合う関係に、私たちを

2018.03.13.08:31

肥えた牛を食べて憎み合うよりは、
青菜の食事で愛し合うほうがよい。
箴言1517

 パウロの手紙:
たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、
愛がなければ、
私は騒がしいどらや、やかましいシンバル。
Ⅰコリント131

 ヨブ記91423、3235
 ヨハネ14114(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句3/13;火)

 青菜、野菜を食べて愛し合うのは、
高級な牛肉を腹いっぱい食べて憎み合うより良い、

わずかな物を持っていて、
天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方を畏れ敬うのは、
多くの財宝を持っていて恐慌、恐怖のうちにいるよりはよい、のだそうです。

深い霊的体験をし、霊的な大きな業が出来るようになっても、
愛がなければ、邪魔なだけ、うるさいだけのようです。

私たちは、時には、
悪いことをしていないのに、潔白であるのに、悪いとされる、
ゆえなく、苦しみに遭うことがあります。

 そして、正しいさばきを求めて神に叫び求めても、
神は返事をなさらない、
私たちの声に耳を傾けてくださるとは思えないような時が(ヨブ91423)。

けれども、〔父である神〕は、私たちを愛し、大切に思っていてくださって、
〔御子である神〕を、私たちを仲裁する者、弁護する者として
立てていてくださるのだそうです(ヨブ93235)。
私たちが、心騒ぐときも、安心しておられるように(ヨハネ14:1~3)と。


この方、イエスが、ご自分のいのちを、
私たちの贖い代(あがないしろ)、買い戻しの代金、
なだめの供え物として差し出し、
私たちに代わって十字架刑での処刑を受けてくださって、
仲介者、弁護者となってくださり、
私たちが、〔父である神〕に帰る道となっていてくださるのだそうですから(ヨハネ14:6~9)。

イエスは、処刑され、
墓に葬られ、
三日目に新しい霊のからだに復活され、
40日に渡って何度も弟子たちに現れて神の国のことを語り、
ご自分が生きていることを見せたのち、
オリーブ山から、
弟子たちが見守る中で、
天の〔父である神〕の右の座に帰られたのだそうです。

その、〔父である神〕の右の座にあって、
もう一人の助け主、〔聖である霊〕と呼ばれる方を
受け入れる者に派遣してくださるのだそうです。

この方が、私たちの心に、
〔父である神〕が、私たちひとりひとりに思っておられる御思いを
置いてくださり(エレミヤ313134、エゼキエル362528)、

 また、私たちの思いを〔父である神〕に届け、
執り成してくださるので(ロマ82627)、
〔父である神〕の御思いが私たちの内にあり、
私たちの思いが〔父である神〕の内にあるようになり、
受け入れる者は、〔父である神〕と心を一つにする者にしていただいて、
〔父である神〕が一人一人を通してしようと思われることをしていく者になるのだそうです。

 それで、イエスは、
これを受け入れている者が、
イエスの名によって何かを求めるなら、
「それをしましょう」と仰ってくださっているのですね(ヨハネ
141020)。
〔父である神〕の愛の思いが、
私たちの間に実現するために。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR