御救いの良い知らせが告げ知らされて

2018.03.26.10:28

 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。
962

 一同は賛美の歌を歌ってから、
オリーブ山へ出かけた。
マルコ1426

 マタイ26613
 ヨハネ18111(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/26;月)

 新しい歌を主に歌え。
全地よ。主に歌え。
主の栄光を国々の中で語り告げよ。
その奇しいわざを、すべての国々の民の中で(詩篇961~3新改訳)と、
詩篇の作者は歌うのですね。

 イエスの一行は、
イエスにとって最後の夕食となった過ぎ越しの食事で、
神の御業をほめたたえる賛美の歌
(過ぎ越しの祭りには、詩篇115~118、136篇を歌う)
歌ってから、
オリーブ山へ出かけたのだそうです。

 ベタニヤのマリヤは、
食卓についておられるイエスの頭に
高価なナルドの香油の全部を注いだのだそうです。

 それで、これを見た弟子たちは、無駄遣いだと憤慨したのですが、
イエスは、「わたしの埋葬の用意をしてくれたのです」と喜ばれ、
「世界中のどこででも、
この福音が宣べ伝えられる所なら、
この人のした事も語られて、
この人の記念となるでしょう」と話されたのだそうです(マタイ26613新改訳)。

 イエスによってなされた救いの御業、
私たちの神に対するそむきの罪が処罰済みにされ、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が受け入れる者に来てくださり、
受け入れる者の心に、
〔父である神〕の御思いを置いてくださって、
受け入れる者がイエスと同じように、
〔父である神〕と心を一つにして生きるようになる、
その出来事は世界中に告げ知らされ、
受け取られ、感謝と賛美がささげられているのだそうです。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR