神が、まず私たちを愛してくださって、命を得るようにと

2018.04.17.09:14

 わたしが選ぶ断食とは、
さまよう貧しい人を家に招き入れること。
イザヤ書587

 私たちが愛するのは、
神がまず私たちを愛してくださったからです。
Ⅰヨハネ419

 マタイ9351012457
 エフェソ書416(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句4/17;火)

 イエスは、「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける」と仰られました。
イエスが派遣され、受け入れる者に来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれる方が、
私たちの心に、
イエスを通して、
〔父である神〕の私たち一人一人に思っておられる御思いを置いてくださるので、
受け入れる者は、その心に来た御思いを聞き分けるようになる、
ということでしょうか。

 イスラエルの律法に熱心な人々は、週に二度も断食し(ルカ1812)、
「なぜ、私たちが断食したのに、
あなたはご覧にならなかったのですか。
私たちが身を戒めたのに、
どうしてそれを認めてくださらないのですか」(イザヤ583新改訳)
と言っていたようです。

 けれども、天の神、主は、
宗教行事的な、表面的な断食を求めておられたのではなかったようです。

 それで、「わたしの好む断食は、これではないか。
悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、し
いたげられた者たちを自由の身とし、
すべてのくびきを砕くことではないか。
飢えた者にはあなたのパンを分け与え、
家のない貧しい人々を家に入れ、
裸の人を見て、これに着せ、
あなたの肉親の世話をすることではないか」(イザヤ5867
と言っておられるようです。

 〔父である神〕は、私たちを愛してくださって、
その愛のゆえに、
そのひとり子を、人間イエスとして、人の世に遣わしてくださり、
その方を私たちの身代わりにして十字架刑で処刑し、
私たち自身である、私たちの〔生まれたときからの霊〕を
処罰済み、処刑されたもの、死んだものと手続きしてくださっているのだそうです。

 そのうえで、受け入れる者にもう一人の助け主(ヨハネ1416)、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださり、
この方によって、ご自身の御思いを私たちの心に置いてくださり(エレミヤ3133)、
受け入れる者が、ご自身と思いを一つにし、
心を一つにして生きる(エゼキエル362528)、
いのちを得るようにしてくださっているのだそうです(Ⅰヨハネ49)。

 それで、受け入れる者は、
「断食」、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっていて(創世記3522)、
自分の理性の善し悪しの判断のままに、
自分の好むことをする(イザヤ583b
〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いを、
死んだ者から出て来た思いであると認めて、横に置き、
心に来た〔父である神〕の御思いを聞き分け、
その思いについて行く生き方ができるようになるのだそうです。

 イエスが、心に来た、〔父である神〕の御思いと一つ心になって、
羊飼いのいない羊のように弱り果てて倒れている群衆を、
かわいそうに思われ、
12弟子に、汚れた霊どもを制する権威をお授けになり、
霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやし、
死人を生かし、
ツァラート(ハンセン病など、伝染性の重い皮膚病)に冒されている者をきよめ、
「天の御国は近づいた」と宣べ伝えさせたように(マタイ93610178)。

 また、〔父である神〕は、私たちが、
謙遜と柔和の限りを尽くし、
寛容を示し、
愛をもって互いに忍び合い、
平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保つよう、
ご自身と一つ思いになるように(エペソ416)、とも
願っていてくださるのだそうですから。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR