神は、すべてのことを働かせて、益としてくださり

2018.04.25.10:18

 主は与え、主は奪う。
主の御名はほめたたえられよ。ヨブ記121

 神を愛する者たち、
つまり、ご計画に従って召された者たちには、
万事が益となるよう共に働くということを、
私たちは知っています。ロマ書828

 創世記11419
 エフェソ書614(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句4/25;水)

 ウツの地にヨブという人がいたのだそうです。
この人は潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていたのだそうです。
彼には七人の息子と三人の娘がいて、
羊七千頭、らくだ三千頭、牛五百くびき、雌ろば五百頭、
それに多くのしもべを持っていて、
東の人々の中で一番の富豪だったのだそうです。

 ところが、どうしたことか、
一日のうちに、そのすべて、
子どもたちも財産も、失ってしまったのだそうです。

 その知らせが届いたとき、ヨブは立ち上がり、
その上着を引き裂き、
頭をそり、地にひれ伏して礼拝し、言ったのだそうです。

「私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
主の御名はほむべきかな」(ヨブ1章、新改訳)と。

 そして、「なぜ、わたしはこのような目に遭わなければならないのか」との
大きな苦悶のすえに、
天の神、主から直接声をかけていただき、
神を体験し、
神と直接話し合える関係に入れていただいたのだそうです。

 そして、天の神、主は、
ヨブのすべての持ち物を2倍にして返してくださり、
この後、140年生き、自分の子どもと、その子の子たちを4代目まで見、
長寿を全うしたのだそうです(ヨブ38章~42章)。

 私たち、原因の分からない、身に覚えのない不幸な出来事、
災いと思える出来事に遭遇することがあります。

 けれども、天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方は、
それが災いのまま終わるのではなく、
それらのすべても、私たちにとって益となるようにしてくださるのだそうです。

 創造の四日目、神は仰せられたのだそうです。
「光る物が天の大空にあって、昼と夜とを区別せよ。
しるしのため、季節のため、日のため、年のためにあれ。
また天の大空で光る物となり、地上を照らせ」と。
すると、そのようになった。

 神は二つの大きな光る物を造られ、
大きいほうの光る物には昼をつかさどらせ、
小さいほうの光る物には夜をつかさどらせ、
また、星を造られた。
神はそれらを天の大空に置き、地上を照らさせ、
昼と夜をつかさどり、光とやみとを区別するようにされた(創世記11419)。

 私たちは、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっていて、
誰にも従わず、
自分の理性の善し悪しの判断のままに生きていきたいものです。

 しかし、天の神、主は、子どもたちが、
イエスに合わせられ、イエスの中に存在する者となって、
両親に従う者に、
父と母とを敬う者になってほしいと思っておられるようです。
 私たちがしあわせになり、地上で長生きするように
、と。

 そして、両親には、
子どもを怒らせないで、主の教育と訓戒によって育ててほしい
(エペソ6:1~4)、と。

 私たちの身代わりとなって十字架刑での処刑を受けてくださり、
墓に葬られ、
三日目に死人のうちより新しい霊のからだに復活し、
天の〔父である神〕の右の座に帰られたイエス。

 そのイエスを通して来てくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、
私たちの心にも、
この〔父である神〕の御思いがあるようにしていただけるのだそうですから(エレミヤ31:33、エゼキエル36:25~28)。

 天地創造のとき、神が仰せられると、そのとおりになったように。
私たちにも。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR