〔神の霊〕と呼ばれる方が、来てくださって

2018.05.01.10:09

 見よ、わたしの僕、わたしの支える者を。
わたしが選び、喜び迎える者を。
彼の上にわたしの霊は置かれる。
イザヤ書421

 イエスの祈り:
正しい父よ、世はあなたを知りませんが、
わたしはあなたを知っており、
この人々は
あなたがわたしを遣わされたことを知っています。
ヨハネ1725

 サムエル記上161423
 ヘブル書1514(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句5/1;火)

 イザヤは、続けて預言しています。
「彼は国々に公義をもたらす。
彼は叫ばず、声をあげず、ちまたにその声を聞かせない。
彼はいたんだ葦を折ることもなく、
くすぶる燈心を消すこともなく、
まことをもって公義をもたらす。
彼は衰えず、くじけない。
ついには、地に公義を打ち立てる。
島々も、そのおしえを待ち望む」(イザヤ42:1b~4、新改訳)、と。

 その、〔父である神〕から遣わされた僕、
〔父〕の御心を地にもたらすものとして、
イエスは来られた方なのだそうです。

 ガリラヤ地方のナザレで、
大工をしながら家族に仕えておられたイエスが、
およそ30歳の頃、
キリストとしての公の働きを始められるとき、
ヨルダン川でバプテスマのヨハネから洗礼を受けられたのですが、
そのとき、祈っておられるイエスに、天が開け、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が、鳩のように下って来られ、
そして、声があったのだそうです。
「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ」マルコ11011)。

 イエスについてのバプテスマのヨハネの証言はこうです。
「見よ。世の罪を取り除く神の小羊。
私が、『私のあとから来る人がある。
その方は私にまさる方である。
私よりも先におられたからだ
(このヨハネは、イエスよりも6か月ほど先に生まれている)
と言ったのはこの方のことです。

 私もこの方を知りませんでした。
しかし、この方がイスラエルに明らかにされるために、
わたしは来て、水でバプテスマを授けているのです。

 御霊が鳩のように天から下って、
この方の上にとどまられるのを私は見ました。
私もこの方を知りませんでした。

 しかし、水でバプテスマを授けさせるために私を遣わされた方が、
私に言われました。
『御霊がある方の上に下って、
その上にとどまられるのがあなたに見えたなら、
その方こそ、聖霊によってバプテスマを授ける方である。』

 私はそれを見たのです。
それで、この方が神の子であると証言しているのです」(ヨハネ12934)。


 また、イエスは、〔父である神〕から、
「あなたは、わたしの子。きょう、わたしがあなたを生んだ」(詩篇17、ヘブル15)、

「わたしは彼にとって父となり、
彼はわたしにとって子となる」(Ⅱサムエル714、ヘブル15)と言われた方。

 「神よ。あなたの御座は世々限りなく、
あなたの御国の杖こそ、まっすぐな杖です。
あなたは義を愛し、不正を憎まれます。
それゆえ、神よ。
あなたの神は、あふれるばかりの喜びの油を、
あなたとともに立つ者にまして、
あなたに注ぎなさいました」(詩篇4567、ヘブル189)。

 また、「主よ。あなた初めに地の基を据えられました。
天も、あなたの御手のわざです。
これらのものは滅びます。
しかし、あなたはいつまでもながらえられます。
すべてのものは着物のように古びます。
あなたはこれを外套のように巻かれます。
これらを、着物のように取り替えられます。
しかし、あなたは変わることがなく、
あなたの年は尽きることがありません」(詩篇1022527、ヘブル11012)。

 「わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまでは、
わたしの右の座に着いていなさい」(詩篇1101、ヘブル113
と言われている方なのだそうです。

 この方が、〔父である神〕から遣わされて、
人となって人の世に来てくださり、
〔父である神〕の御思いに従って、私たちの身代わりとなり、
十字架刑での処刑を受けてくださって、
私たちの「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている
〔生まれたときからの私〕という霊を、
処刑済みのもの、死んだものとしてくださった方。

 墓に葬られ、
三日目に死人のうちより新しい霊のからだに復活し、
天の〔父である神〕の右の座に帰られ、
もう一人の助け主、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって、
私たちに、神の子の身分を与えてくださる方なのだそうです。

 〔聖である霊〕と呼ばれる方は、私たちの心に、
〔父である神〕の御思いを置いてくださるので、
受け入れる者の心に、
〔父である神〕が一人一人に思っておられる御思いが来るようになり、
受け入れる者が、
イエスと同じように
「あなたは私の愛する子、わたしはあなたを喜ぶ」と言っていただける
神の子の身分において、
〔父である神〕と同じ思い、
一つ心になって生きるようにしてくださるのだそうです。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

風にそよぐ葦

Author:風にそよぐ葦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR