fc2ブログ

私たちの必要を前もって用意し、私たちを見守りながら

2021.11.25.21:54

耳を植え付けた方が聞かないだろうか。
目を造られた方が見ないだろうか。
詩94:9

あなたがたの父は、
あなたがたが願う前から、
あなたがたに必要なものを
ご存じなのだ。
マタイ6:8

 ヘブル書13:10~16
 Ⅱテサロニケ2:13~3:5(通読箇所)
   (ローズンゲン『日々の聖句』11/26;金)

 

     ―――― ☆  ――――


 聖書が啓示している神、
天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と
名乗られる方(出エジプト3:14)は、
私たちの耳を、目を造られた方。

だから、この方が私たちを見てなかったり、
聞いていないということはないというのですね。

 

この方は、私たち一人一人を父親の腰の中で造り始められ、
母の胎の中で組み立てられた方。
私たちに何が必要かを知っておられる方なのですね。

 

 

 罪のきよめのための動物の血は
聖所の中に持って行かれますが、
そのからだは宿営の外で焼かれます。
 

それで、私たち、すべての人間の
罪のきよめのためのささげ物となったイエスは、
ご自分の血によって私たちを聖なる者とするために、
門の外(エルサレム城外)で苦しみを受けられました。

ですから私たちも、イエスのはずかしめを身に負い、
宿営の外に出て、御もとに行くのですね。
私たちは、いつまでも続く都を
この地上に持っているのではなく、
来るべき都を求めているのですから。

それで私たちは、イエスを通して、賛美のいけにえ、
御名をたたえる唇の果実を、絶えず神にささげるのですね。
善を行う、分かち合うという、
神に喜ばれるささげものをささげながら。(ヘブル13:10~16)

 


 神は、御霊みたまによる聖別と、真理に対する信頼によって、
私たちを救いに選んでくださいました。
神は、福音(イエスに関する良い知らせに)によって
私たちを召し、
私たちの主イエス・キリストの栄光にあずかる者と
してくださいました。

 

それで、私たち、この伝えられた「良い知らせ」に
しっかりと留まるのですね。

イエスによって私たちの父となってくださった神は、
私たちを愛し、永遠の慰めとすばらしい望みを、
恵みによって私たちに与えて、
私たちの心を慰め、強めて、
あらゆる良いわざとことばに進ませてくださり、
私たちを強くし、悪いものから守り、
私たちの心を導いて神の愛とキリストの忍耐に
向けさせてくださるのだそうですから。(Ⅱテサロニケ2:13~3;5)
 

私たちのすべてを見ていてくださって。

今日も。

 

 

~~~~~~~~

(聖書のことばへの疑問やご意見、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

 

〈(株)ブレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

〈復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

菅 佐知男

Author:菅 佐知男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR